実家の愛犬、ゴールデンレトリバーのジョーと、フレンチブルドッグのココ氏。
2人が並んでご飯を食べたらどうなるのか?ということで一緒に食事をさせたところ、初めて一緒に食べた時はここ氏がジョーのご飯を奪ってしまうというハプニングがありました。

それに関して何件か「上下関係壊れたりしない?」とご心配の声をいただきましたので、こちらの動画の後半でお話しさせていただいています。
*今回の話はあくまでうちでの話ですし、個人の考え、個人の方針ということでご理解ください。
他の状況、環境、よその子では全く予想できません。
また、しつけや暮らしの方針は飼い主が決めたもので良いと思います、今回の話を鵜呑みにする必要もありません。

でも動画で伝え忘れたことなどあるので、ブログに少し書いておこうと思います♪

スポンサーリンク


動画で伝え忘れてたこととか、前回の動画のコメントを受けて

本当にしっかり上下関係ができていたらそもそも
上の犬のご飯は食べないのでは?と思う方もいるかもしれませんが、
ルールでガチガチには縛るのはあまり好きじゃないのでゆる~く自由にさせています。

さらに、そんな曖昧なことじゃ犬が迷って可哀想!という極端な意見もあるかもしれませんが
それは個人の考え方の違いですので、そこに関しては何も言うことがありません^^;

 

また、第一弾の動画ではジョーが可哀想に見えるかもしれませんが、
飼い主は一切そんなこと思っていません。(←母も。笑)

ジョーが何も主張できない状況(例えば口輪で声が出ないようにする、キャリーに閉じ込めるなど)だったり
とられた分のご飯を後で貰えないと言うなら可哀想と言えますが、
後でしっかり追加ご飯を食べていますし
ジョーが本当に嫌だと思ったらココに対してどうとでもできる状況です。

年齢差も体格差も力の差も、本人同士で理解しています。
だからこそココはジョーを慕い、ジョーはココの多少の無礼を許容しているのだと思います。「無礼を許容」できる優しい関係性がふたりの間には出来上がっているということです。

 

ジョーはとっても優しいけど、すごくしっかりした子です。

撮影していない時なのですが、ココの「遊ぼうよ!」アピールでジョーが体当たりされまくっていた時はココに唸って制していました。(ジョーの唸り声をはじめて聞きましたw)
そしてそれ以降ココはジョーに体当たりしなくなりました。あそぼうよアピールも非常にお行儀よく(笑)なりました。
ジョーが唸ったのはこれ一度切りですが、これの意味するところは愛犬家のみなさまにはご理解いただけると思います。

主張する時はしっかり主張するし、食事を盗られたくらいで目下の者を怒るような心の狭い男ではないことを皆さまにはお伝えしておきたいと思います^^

さすがココのパイセンなのであります(゚∀゚)♡

お読み頂きありがとうございました(*- -)(*_ _)ペコリ

スポンサーリンク